3月27日 78.8kg

投稿 2016年03月27日
0
ものぐさ日記

 毎週この欄を書き終わるたびに「今週こそは毎日書こう」と思うのだが、毎週毎週それを叶えずに寝入ってしまう。そして、月末になると「来月こそは」と思いつつも、「でもまぁ来月も…だろうな」とも予感する。この程度の緩さが、サイトを定期的に更新する秘訣かもしれない──ということにしておく。
 今週もいろいろあった。仕事は忙しかったし、同僚諸氏の休みが重なったり、そういう日に限って社長と事務が出かけてしまったり、他にもいろいろ…。体の使い方としては、一定以上には動けないわけだし、もう慣れてきたのだが、精神的にはまだまだ追い詰められ続けている。直接業務に関する事項もあれば、同僚との付き合い方、同僚と同僚の関係、同僚の家族に起きた出来事など、苦手な人間関係に類することがドサッと。いずれの事項も「当たり前の顔をして訪れた」感があるため、腹を立てたり悩んだり、辛い思いを抱えるのも「当然」のような気がしてしまう。だから、ここらで少し初心に返り、「仕事は仕事、生活費を稼ぎに行くのが第一の目的」という認識を改めて刻み直さねば。
 自分が何のために今の生活を守りたいのか──これを見失ったり忘れたりすると、生活が面白くなくなってしまう。今月の私はそういう状態に陥っていた時間が長かった。仕事に追われ、同僚に業務を押し付けられている気分でいては、本当に面白くない。忙しいのは生活を保障される可能性が高くなることに繋がり、同僚の業務を兼任するのは自分の技能をupさせるチャンスと考えるべきだった。そうすれば、ミスしても挽回のチャンスを作りやすいし、会社を出た途端に気持ちを切り替えることもしやすくなる。
 自分が生活の中で何を大切にしたいのかを、今日、ちらっと思い出した。きっかけは、ニチアサ。特撮戦隊の脚本が、今回は荒川氏だった。メインライターの香村女史と組むことが多い脚本家で、「見たい話」と「書きたい話」のバランス感覚がよく、スパイス的に楽しい要素を加えることも巧いベテラン、という印象がある。事実、今回は「ライダーとのコラボ回」というイレギュラーな要素があったにもかかわらず苦にならない上に、本編の物語としてもキャラクターの見せ方としても筋とインパクトがある内容だった。こういう「興味深くて面白い物語を楽しむ」時間こそ、私は大切にしていきたい。漫画や小説、ゲームにもそういう時間を求めるし、自分で自分を楽しませる時間も作りたい。それがなくなったら、私はきっとまた暗くて深いトンネルに陥るに違いない。
 ま、反省はともかく。
 そろそろ忍者ブログからの撤退を進めねば、な。ということで、今日はちまちまと日記ブログから画像を引き上げよう。タロットブログのほうも進めたいけれど、夕方から用事があるので、今週も多分見送り。FC2ブログにいたっては、さらに後回し。「やりたいこと」を「やらなきゃならないこと」にしないためには、自分を焦らせないのも大切、大切(笑)。

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
靉霧
靉霧

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY