「夏」が終わった…はずだ

投稿 2016年08月28日
ものぐさ日記

今朝の体重は未計測だが、昨日の朝の体重は77.4kg。


 今年の夏は、忙しかった。
 まず、仕事。
 同じ部署のたった一人の同僚が7月で辞めた。先輩で、5年勤務していた人だが、社長や事務担当と折り合いが悪く、春に辞めた先輩同僚に愚痴ることでようやく均衡(いろんな意味での)を保っていたらしい。私にとっても気難しいと思えるタイプの人で、二人で業務を進めるのは楽ではなく、春以降感じていたストレスの原因だと気づいてからは辛いと思う時もあった。
 部署に一人きりになったことで、約3千種類の商品を管理しながら新規商品を登録しつつ企画を立てたりするようになり、当然だが作業の進捗は遅れる一方、売り上げはじわじわと下がった。
 幸い、同僚が辞める少し前に派遣会社から来た人が仕事に慣れてきたことと、仕事を探していた親類に入社してもらったこととで、業務が回るようになってきた。私が一人で担当している業務はまだ多く、今後もあれこれ教えなければならないだろうが、それでも感じるストレスは初夏よりも減った。
 次に、息子くん。
 息子くんは、昨年6月に弓道を始めた。他に習い事をしていないからとこまめに送迎していたら、平日は月曜以外のほぼ毎日弓道場に通うようになり、師匠をはじめとする有段者諸氏にも可愛がっていただき、試合にも呼んでいただけるようになった。そして、昨秋と今春の県大会においてギリギリながら予選を通過してしまい、今夏の全国大会への出場が決定した。はっきり言って、ビギナーズラックに近い。ありがたいやら恐れ多いやらだ。
 そうと決まればということで、7月と8月の前半は県の弓道連盟少年の部主催の強化練習に参加、保護者である私も練習の手伝いを続けてきた。ほぼ2週間に1回のペースで2~3隣の市の弓道場へ車で出かけ、子供達の的中記録をつけ、また車で帰宅するという「休日」を過ごした。これが結構疲れるもので、翌日の月曜の仕事がちょい辛かった。
 全国大会当日はその極め付けみたいなもので、1週間前まで「現地集合」や「当日の移動手段」などについて知らず、当日は当日で他の代表選手の保護者諸氏とあまり打ち解けられず、気疲れが否めなかった。
 ちなみに、息子くんの大会での成果は、8射2中で予選敗退。昨年冬の地方地区大会では8射1中だったから、1中分だけ上達した…と言えなくもない。代表を目指して頑張っていたのに選抜されなかった子らには申し訳ない結果ではあるが、ネガティブには考えないようにしようと思う。
 こうした事情から、今夏は春日山城址へ出かけることができなかった。
 口惜しいので「できれば秋の連休に一人で行ってこようかなぁ」と密かに企み始めていたらば、息子くんから言われた、「秋にあるレクリエーション大会の弓道少年の部に参加したいし、昇段審査も受けたいので、アッシーお願いします」と。
 今年の夏は、忙しかった。その夏はもう終わったはずだが、忙しさは終わらないらしい。平日は仕事で、土・日・祝日は息子くんや旦那サマの都合で、引き続き休める時間は少なくなりそうだ…。

 以下に、8月に撮影した写真を少し掲載。

2016年8月28日掲載分1

 大会前日の公開練習の後、実父母の希望で明治神宮を参拝(大会の会場が明治神宮の弓道場だったので)。

2016年8月28日掲載分2

 境内のご神木は、とても大きくて活き活きとしていた。

2016年8月28日掲載分3

 ご神木は葉が瑞々しくて、本当に神々しい雰囲気だった。

2016年8月28日掲載分4

 中学弓道全国大会の開会式の様子。台風が関東に接近していた影響で、豪雨だった。中学生たちの競技が始まる頃には雨が上がったのは、神宮のご祭神のおかげだろう、きっと。

2016年8月28日掲載分5

 予選敗退のため大会2日目は少し見学しただけで帰路についた。新幹線に乗るべく新宿駅経由で東京駅へ。息子くんと実母の希望で、ついでに東京駅を観光した。が、工事中のため、息子くんには駅舎よりもその正面の工事現場と重機が嬉しかったようだ。

2016年8月28日掲載分6

 東京駅の丸の内口付近は、ガラス張りのビルが多く、反射光を受けてより暑く感じた。が、帰路経由した名古屋駅はもっと暑く感じたし、地元も湿度が高くてしんどかった。

 そうそう。サイト作りのことも少し。
 最初に作ったサイト分のデータを引越し中だが、早速困っている。
 そこには書き直したい創作物語も含まれており、その書き直したい部分は掲載したくないんだが、掲載しないとデータが行方不明になりかねなくて、どうしたものかと悩み中。実際、一度書き直して2つめのサイトに掲載したことがあるはずなのだが、その2つめのサイトを模様替えした時に元データがごちゃまぜになり、どこに格納しているのかわからなくなってしまった。今回は転居作業のついでにテキストデータも作成し直しているので、やはり格納し直してからもう一度書き直しに挑むべきか…-“-;
 もう1つ。やはり創作物語なのだが、かつて同じメルマガに投稿していた人の原稿を預かって格納していた分もあり、それをどうしたものかなとも悩んでいる。こちらは手直しを加えたことも当然ないので、旧宅サイトのデータが残っている限りお返しすることもできるからいいのだけれど。
 というか、とっくに音信不通になっている人に義理立ててデータを確保しているのは、どうかしているだろうか…-“-;

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
靉霧
靉霧