休みまくり

投稿 2017年01月03日
0
ものぐさ日記

今朝の体重、 81.6kg。

 一昨日旦那サマの実家へ行ってきて以来、のんびりしまくり。昨日も今日も、買い物以外では出かけず。おかげで体重が減らないが、体調は回復しまくっている。とりあえずは腹の調子が治り、残りは首と肩の痛みと頭が重い感じ程度。今夜も感冒薬を飲んで眠れば、明日は多分もっと楽になるだろう。
 では家で何をやっているかというと、昨日はブログ記事の引越し、今日は漫画を読むことに没頭していた。
 残るレンタルブログはFC2のみで、確認すべき記事数が600未満になった。なんとなくだけど引っ越す記事と消す記事のボーダーが定まってきたし、引っ越す先のカテゴリ決めにも悩むことが減ってきた。おかげで、「サイトのメニューをもっと増やすべきだっただろうか」とか、「忍者ツールズがプロフィールのサービス提供をやめた分、どこぞのSNSに登録したほうがいいだろうか」とか、余計なことが頭を過るようになってきた。くわばらくわばら。
 漫画は、書店で買うのではなく、ネットの提供サイトの期間限定無料配信分をつまみ食い。最近は篠原千絵女史の作品がちょっと気になりやすい。数日前に「金の雫…」だったかの1巻を、今日は「蒼の封印」とやらの1~3巻を拝読。どちらも初めてだったので、「天は赤い河のほとり」みたいな伝記っぽい作品がお得意らしいと思い、興味が湧いたから。
 でも、続きは多分読まない。「天は…」は文庫版をまとめ買いし、結構楽しんで拝読したことがあるが、何度も繰り返し読破するほどにはハマれなかった。今回つまみ読みした2作品も、興味は湧いたものの、ネット検索であらすじを読み、「ああそういう話か」と納得してしまい、「購入するほどでもないかな」と。特に「蒼の…」のほうは、私の好物である日本の民話が基盤のようで涎が垂れかけたが、物語後半のネタバレを読んで興醒めしてしまった。
 こういう時、「ネットは便利すぎて困るなぁ」と思う反面、「ネットで調べられるおかげで助かるなぁ」とも思う。自分好みの物語と出会えるかどうかは博打のようなもので、コミックスを買う醍醐味でもある。が、近年のコミックスは気軽に買える価格を超えているものが増えており、家計を預かる身としてははずれた時のことを思うとぽんとまとめ買いする気にならないから。
 何より、目の前に「息子くん」という面白い存在がおり、それ以上の面白さがある作品か、息子くんにも読ませて反応を楽しめる作品でなければ、購読したいと思えないのだ。
 ちなみに、息子くんがどう面白いかというと…

2017年1月3日掲載分

 …買い物に出かける時には、お気に入りのミニフィギュアを連れ出し、車の窓辺にこんなふうに置いて「一緒にお出かけを楽しんでる」のを楽しむぐらいには、「秘密」と「可愛げ」があったりする。その世界観がどんなものかを垣間見て想像するのは、学校で習ったままの手法で作られた物語を読むより、ずっと面白い(笑)。

YOU MAY ALSO LIKE
もっと見る
靉霧
靉霧

0 COMMENTS

There are no comments yet.

LEAVE A REPLY